【実践!働き方改革に伴う諸規定整備】第21回 多様な正社員制度② “相互転換”を柔軟に 勤務地の限定と無限定/岩﨑 仁弥

2019.06.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

限定内容を書面確認へ

 内閣府の規制改革推進会議は今年5月、「ジョブ型正社員(勤務地限定正社員、職務限定正社員等)の雇用ルールの明確化に関する意見」を取りまとめた。この意見は、安倍総理による「多様な働き方を実現するため、正社員と非正規といった両極端のモデルを見直し、職種や労働時間等を限定した『多様な正社員』のモデルを確立するための施策を具体化すること」という総理指示(2013・4・2日本経済再生本部)に対するものであり、総理への答申などを経て、6月に閣議決定する規制改革実施計画に反映される見通しである。これにより図1の3点の法改正が提言されている。…

筆者:㈱リーガル・ステーション 代表取締役 岩﨑 仁弥(特定社会保険労務士)

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月10日第3212号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ