【社労士が教える労災認定の境界線】第289回 花見の場所取りで転倒して骨折

2019.04.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 Aが勤務する会社では、毎年4月になると新入社員歓迎会も兼ねて、費用は全額会社負担で花見を開催することが恒例行事となっている。なお、新入社員歓迎会への参加は基本的に自由であったが、2年目の社員は場所取りや企画運営をすることとなっており、上司からその年の場所取りはAの同僚であるBがするようにとの指示があった。しかしAが就業時間終了後に任意で場所取りをしに行き、その最中に木につまずき転倒し、左足を骨折したものである。…

筆者:一般社団法人SRアップ21 東京会
社会保険労務士 小泉事務所 所長 小泉 正典
◇SRアップ21:http://www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月15日第2328号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ