【産業カウンセリングの現場から】第176回 中小企業支援へプロジェクト/田中 秀明

2019.03.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

メンタルヘルスは経営課題

 厚生労働省が平成30年8月に公表した「平成29年労働安全衛生調査(実態調査)」の結果によれば、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は58.4%(平成28年度調査56.6%)となっています。「平成25年労働安全衛生調査(実態調査)」では、メンタルヘルス対策に取り組んでいない理由として「該当する労働者がいない」39.0%、「取り組み方が分からない」25.3%、「必要性を感じない」21.8%と回答し、取り組んでいないと回答した事業所のうち30人~49人規模で71.8%、10人~29人規模で73.2%が今後も取り組む予定がないと回答しています。

 また、独立行政法人労働政策研究・研修機構が公表した「職場におけるメンタルヘルスケア対策に関する調査」によれば、…

筆者:一般財団法人あんしん財団 お客様サービス事業部
メンタルヘルス事業課 田中 秀明

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年4月1日第2327号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ