【イラストで学ぶリスクアセスメント】第176回 洪水時の事業場での災害

2018.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「9月1日は防災の日」です。9月は昭和元年以降、大地震だけでなく、巨大台風で甚大な被害が発生しています。また、この度の「平成30年7月豪雨」では、死者225人・行方不明11人、避難者数4942人(総務省消防庁)〔7月29日現在〕で、平成最悪の被害となりました。「天災は忘れた頃にやってくる」ものなので、「油断は禁物の戒め(説諭)」です。災害の時は「自助・共助・公助」と言われますが、まず自助〔自分で自分の身を助ける(守る)〕が必要です。今回は「洪水で非常用発電機室などが水没!」をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ