【社労士が教える労災認定の境界線】第271回 打合せ中に脳幹出血を発症

2018.07.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 コンサルタント会社に勤める従業員Aは、打合せ中に気分が悪くなりトイレに立ったが、いつまで経っても戻らず、心配した上司が様子を見に行ったところ、トイレの近くでうずくまっているAを発見した。Aは立ち上がることもできず、まともに話もできない状態であったため、救急車を呼び病院へ搬送したところ、脳幹出血であると診断を受けそのまま入院した。

判断

 Aの直近の勤務時間は、月平均180時間であり、残業は1日1時間程度であったが、キャリアアップをしたいという本人の意向もあり、通常の業務以外にキャリアアップのための作業を自宅で行わせていた。その時間を含めると月の労働時間は相当なものとなり、…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会
濵本絵美社会保険労務士事務所 所長 濵本 絵美
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月15日第2310号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ