【社労士が教える労災認定の境界線】第274回 アルバイト店員が接客中に利用客に暴行される

2018.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 Aはコンビニでアルバイトをしている女子学生であり、Bはそのコンビニの近くに住んでいる会社員。日用品などの購入でコンビニを利用しているBは、明るく元気なAの接客に好意を寄せるようになった。その後、Bは頻繁にそのコンビニを訪れるようになり、レジの際にAとたわいのない話をしたり、出退勤途中のAに会って挨拶をするうちに、恋愛感情を抱くようになった。恋愛に奥手であったBは、Aに気持ちを伝えることもできず思い悩んでいたところ、Aが退勤後に交際相手の男性と待ち合わせしているのを偶然見かけ、自分とは付き合ってくれないとさらに思い悩み、夜も寝られない精神状態となってしまった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 濵本絵美社会保険労務士事務所 所長 濵本 絵美
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ