【ぶれい考】共時・共場・共験・共友/諏訪 康雄

2018.06.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 変化の激しい時代には、学び続けないと、取り残される。ちょうど川の急流にあると、その場に留まりたくても、たえず流れに逆らう努力をしないかぎり、下流へと押し流されてしまうのに似ている。

 時代とともに、学ぶべき事柄も知識も技術技能も、変わる。学校卒業時に持っていた知識や、若手社員時の研修程度では、変化に追いつけない。

 そこで一念発起し、勉強に新しく取り組もうとする。…

筆者:法政大学 名誉教授 諏訪 康雄

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年7月2日第3167号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ