【社労士が教える労災認定の境界線】第268回 ミーティング中に脳梗塞を発症

2018.05.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 商品管理会社に勤務するAは、夕方からのマネージャーミーティング中に手に痺れを感じ気分が悪くなり、救急車で搬送された。診断の結果、脳梗塞を発症しており、その場で入院となった。短時間で病院へ行き処置が早かったため、幸い命に別状はなく3カ月程度の入院になるであろうというものである。家族から労災ではないかとのことで、労働基準監督署に判断を求めた。

判断

 Aの脳梗塞の発生が、「脳・心臓疾患の労災認定」基準に照らし、高血圧などの基礎疾患を有していたが、…

筆者:一般社団法人SRアップ21 東京会
鶴田社会保険労務士事務所 所長 鶴田 晃一
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月1日第2307号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ