【社労士が教える労災認定の境界線】第158回 出張中、会社指定ホテルに宿泊せず友人宅で火事にあい火傷

2013.08.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 卸売業で営業を担当している労働者Aは社用で遠方にある取引先Bとの打ち合わせのため、出張した。打ち合わせを終えたAは出張先から近くに住む友人と会い、飲食をともにし、会社指定のホテルへは戻らずそのまま友人宅に宿泊。友人宅が火事にあい火傷した。

判断

 出張中は、特段の事情のない限り、一応出張過程の全般について事業主の支配下にあるものとして、その過程全般を業務行為とみる取扱いがなされている。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 山梨会 社会保険労務士深澤事務所 所長 深澤 忍

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月15日第2192号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ