【社労士が教える労災認定の境界線】第283回 荷主の作業所で荷下ろし中、運転者が腰痛に

2019.01.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 運送会社に勤務するAは、荷主の作業所で肉の詰まった段ボール箱の荷下ろしの作業を行っていた。会社のトラックの荷台から台車に移す作業のため、少し体をかがめるような感じで荷下ろししていたところ、急に腰に痛みがあり、作業を中断して整形外科に行った。急性腰痛症と診断され約3週間の通院加療を要する見込みとなった。

判断

 急性腰痛症は、ぎっくり腰とも言われ、日常的な動作の中で生じることもあるので、仕事中に発症しても通常は労災認定されない。しかし、今回は、作業動作や作業姿勢などにより、労働基準監督署は、仕事によるものとし、業務上となった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 兵庫会
社会保険労務士 夢野事務所 所長 夢野 智行
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ