【続・造船現場サイゼンセン】造船足場は時代遅れ! 安全特別対策1億円プロジェクトの取組み/ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場

2016.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

長い歴史と伝統を持つ事業所

 ジャパンマリンユナイテッド㈱横浜事業所磯子工場は、2010年から3カ年、毎年1億円を投資する「安全特別対策1億円プロジェクト」に取り組んだ。「造船足場は時代遅れ」と社長が大号令を発し、手に物を持って昇降できるユニバーサルステップの導入など計画的な改善を進めた。同事業所は、東日本最大の艦船造修機能をもつ最新鋭造船所である。1964年にIHI横浜第二工場として設立された当事業所は1953年(嘉永6年)ペリーが黒船で浦賀に来航した時代に設立された石川島造船(旧IHI東京第一)と同年に江戸幕府により設立された浦賀造船(現住友重機械工業浦賀工場)の艦艇部門の3工場が2002年に統合されIHIマリンユナイテッド横浜工場として誕生している。さらに2013年にユニバーサル造船と統合し、現在に至っているが長い歴史と伝統を持っている事業所である。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ