【続・造船現場サイゼンセン】安全は生産・品質の源泉 想いも新たに新工場を建設/浅川造船

2016.10.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

〝造船の町〟にある浅川造船

 フェンスひとつで右隣も左隣も造船所が立ち並び、この地区だけで6造船所が密集しているまさに造船の町、愛媛・今治市にある浅川造船㈱の安全活動を紹介する。6年前に東予工場を新設。「安全ができなければ、品質管理も生産性も望めない」とのコンセプトから安全を最優先事項に掲げた。本社工場、東予工場ともに徹底して、ムリ・ムダ・ムラを排除。機械類も整然と配置されるなど4Sが徹底されている。また、OHSAS18001構築を加速するとしており、積極的にリスクアセスメントに取り組んでいくという。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年10月1日第2267号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ