【続・造船現場サイゼンセン】「安全シナジー効果」を実感 グループ企業と情報交換活発に/名村造船所伊万里事業所

2016.10.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ドックで建造中の大型船

 ㈱名村造船所伊万里事業所は、グループ企業と月に1回、テレビ会議を実施。安全をはじめ経営、生産、資材調達などのあらゆる部門の優れた活動の〝よかとこ取り〟を積極的に行う。安全担当者同士で、災害防止の相乗効果を「安全シナジー効果」とし、安全衛生活動に役立てている。また、10~20歳代の労働者の災害が少なくないことから、KYTや安全体感訓練を積極的に実施。若年層の災害件数減少を図っている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年10月15日第2268号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ