【続・造船現場サイゼンセン】修繕船工事の爆発・火災防ぐ 責任者専任し管理体制強化/東北ドック鉄工

2016.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

修繕を行っている船舶

 ㈱(宮城・塩竈市、社員155人、協力会社社員約100人)は、修繕船工事での爆発・火災災害対策に特に気を配っている。船ごとに船統括安全衛生責任者を選任し、火気作業 船舶の修理・改造などを主な事業とする東北ドック鉄工について管理を徹底、作業区画の連絡調整などを行う。また、高所作業での安全帯の装着、使用の確認や作業員の健康チェックなど日常の安全管理も目を光らせ〝安全の要〟として欠かせない存在となっている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年9月1日第2265号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ