【続・造船現場サイゼンセン】元気な挨拶で仲間意識高める 大手中手に負けない安全文化/籠尾ドック

2016.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

遠洋マグロ船の定期修理などを行っている

 「おはようございます!」「ありがとうございます!」――。㈱カゴオ籠尾ドック(高知・奈半利町)の一日は、朝の大声による朝礼から始まる。爆発・火災のリスクが高い船の修繕工事では、作業者のチームワークをよくして作業に臨むことが大切という。朝礼は仲間意識を高める絶好の場だ。今号の「続・造船現場サイゼンセン」は、世界の漁場へ向かう遠洋マグロ漁船などの航海安全をクルーの一員としてサポートし続け、無災害を継続している籠尾ドックのコミュニケーションを重視して大手中手にも負けない安全文化を醸成する活動を紹介する。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月15日第2262号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ