【イラストで学ぶリスクアセスメント】第87回 外灯の電球交換で墜落災害

2014.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回は、屋上の人感ライトの球交換と、建物外周の屋外灯の水銀球交換時における災害2事例をテーマにします。

《建物屋上の人感ライトと建物外周の屋外灯の状態》

 当事業場は海に近い埋立地の工業団地の中にあり、建物も付帯設備も40年前の創業当初のまま。特に薄厚の鉄板の諸設備は塩害で腐食が著しい。

■災害1■ 工場兼事務所の3階建ての屋上の高さは13mで、屋上に変電設備・空調設備・無線設備などが多数あります。周囲は高さ55cmのパラペット(手すり壁)があり、壁面に長さ5mの角パイプ(10cm角)を2枚の止板でボルト固定し、角パイプの上部に100Wの人感ライト(ビーム電球)を設置しています。角パイプは薄厚の鉄板なので腐食が著しい状態です。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月15日第2222号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ