【本当に役立つ!こころの耳】第87回 こころの病・克服体験記 ひきこもりの出口

2018.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

イライラが募り「家においておけない」と怒鳴り

 今回、紹介する事例は、「ひきこもった息子とわたしの共依存」です。厚生労働省サイト「みんなのメンタルヘルス」によると、「ひきこもり」という現象は、「義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家の外での仲間との交遊などの社会参加を避けて、一応6カ月をめどに、それ以上にわたっておおむね家庭にとどまり続けている状態」と記述されています。詳細な説明としては、下記の通りです。「会社での活動量や内容が過剰にきついものであったり、そこでの人間関係が過酷なものであったりなどの『ストレス量の増大』、および幼い頃から内気で引っ込み思案であったり、…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年12月1日第2319号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ