【イラストで学ぶリスクアセスメント】第59回 事務所通用口周辺の災害

2013.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事務所の通用口周辺での転落・転倒などの災害は、致命的な災害になる危険性は少ないですが、リスク評価基準のなかで危険状態が発生する頻度が頻繁で、ケガをする可能性は高いといえます。

 今回は事務所周辺での災害防止とヒヤリ・ハットを激減するため、安全担当者の”観る目を養う”ことに役に立てればとの思いからテーマにしました。

ボンベを固定しないで仮置き

 事務所(A棟)・協力会社(B棟)は隣接し、通用口も隣接しています。A棟の通用口の40cmの段差部にU字溝2個を逆U形に、B棟には鉄製の踏台を固定せずに設置。また、A棟の勝手口の近くに自動販売機があり、その隣の通路横に空瓶の酸素ガスとアセチレンのボンベを固定しない状態で仮置きしていました(イラストA)。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月1日第2193号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ