【産業カウンセリングの現場から】第59回 スーパービジョンは必須要件

2013.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

自称カウンセラーが横行

 スーパービジョンは監督訓練あるいは監督教育と訳されるように、臨床実践をとおして行われる具体的で直接的で個別的な訓練です。日本ではあまり認識されていませんが、日本以外の先進国ではスーパービジョンはカウンセラーを養成するうえで必須要件となっています。残念ながら日本ではスーパービジョンは受けたほうがいいという程度の認識ですが、スーパービジョンが行われないカウンセラー養成は似非であり、カウンセラー養成とは言い難いものです。

 また、日本の社会ではカウンセリングについての認識が浅いために、○○カウンセリング講座というような民間機関の講座で少しだけ勉強しただけの自称カウンセラーが横行したり、化粧品の販売員がカウンセラーと名乗ったり、大学院で専門的に学んでもそれらと区別するためにわざわざ心理カウンセラーと言わざるを得ないというようなことになっています。

 また、カウンセリングと心理治療が混同され、…

執筆:日本産業カウンセリング学会 常任理事
特定非営利活動法人日本キャリア・カウンセリング研究会 会長 今野 能志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年11月1日第2197号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ