【トップ&キーマンいんたびゅう】”より働きやすい環境づくり”を課題に

2017.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設工事用の基礎杭(コンクリートパイル)を製造・販売・施工する児玉コンクリート工業(東京・豊島区)の副社長として「より働きやすい環境づくりを」と語る児玉桜さん。言わずもがなながら、そこには安全意識向上への期待感も――。

左:児玉コンクリート工業㈱ 取締役副社長 児玉 桜 さん
右:児玉コンクリート工業㈱ 工事部 部長 小池 充 さん

――御社は来年、創業60周年を迎えられると伺っていますが……。

児玉 はい。もともとは埼玉の川口市で鋳物屋をしていて、コンクリートパイルを造るのに必要な遠心機を製造していたその流れで、私の祖父(児玉重蔵氏)が昭和34年に現在の会社を立ち上げたのです。

――パイルの製造はどちらで。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月15日第2280号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ