【トップ&キーマンいんたびゅう】”危険”に気づかせるのが私の役目です

2016.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ビル・マンションの大規模修繕工事などを手がける改修工事専門家集団にあって、安全衛生施策推進を一手に引き受けている畑本雅司さん。”居ながら工事”に特有な施工環境のなかで、お客と職人をいかに危険にさらさないようにするか――そのための配慮と工夫に心を砕く日が続いている。

㈱ツツミワークス 取締役 管理部長
労働安全コンサルタント RSTトレーナー
畑本 雅司 さん

――今ちょうど第20期目(平成27年8月~28年7月)にあるツツミワークスグループの経営基本方針には「改修工事専門家集団として、真摯にお客様と、建物の声に耳を傾け」といったフレーズがあります。これは御社ならではの表現でしょうか。

畑本 ご存知かと思いますが、当社は建築物のリニューアル事業、マンション・ビルなどの大規模修繕工事を中心に改修工事の専門会社として実績を上げてきました。

 工事施工面での特徴は”居ながら工事”と言いまして、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月15日第2256号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ