【トップ&キーマンいんたびゅう】”凡事徹底”は不変の基本姿勢です

2017.06.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大和ハウス工業㈱ 代表取締役 専務執行役員 技術本部長
西村 達志さん

 大和ハウス工業・西村専務への2011年1月につづく2度目のインタビューである。その間、同社の事業拡張がめざましいものだったことは周知のとおりだが、それに伴い災害の防止策、安全衛生管理活動にも大きな変化があったかどうか――。今回はそこに重点を置き、お話を伺った。

――6年前、専務が安全衛生について熱く語って下さったとき、心に留まる印象的な言葉がいくつもありました。「安全は仕組みではなく、いかに人の心に火をつけ動かすかにある」、「当たり前のことを愚直に守り実践していく凡事徹底」、「現場に心の不備がないかを見る」などです。ほかには技術本部長基本方針に掲げられていた「品質はお客様との約束、安全は社会との約束」というフレーズも記憶に残る思想表現でした。そうした安全思想は現在も……。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月15日第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ