【トップ&キーマンいんたびゅう】”4つの「安」追求”を基本理念に

2013.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 食用油、小麦粉などの生産現場を司るにあたって4つの「安」の追求を基本理念としている中井工場長。今年はこれまで”当たり前とされてきたこと”にも見直しの目を向けながら、安全への認識をさらに浸透させていきたいという。

昭和産業㈱ 執行役員 神戸工場長
中井 千晃 さん

――職場安全衛生は、トップの意思や考え方いかんによって方向性が決まると言われています。最初に、神戸工場長としての安全に対するポリシーをお聞かせ下さい。

中井 一昨年で100年となった産業安全運動の先覚者は、「安全専一」をスローガンとして掲げました。これが私の考え方の基本です。ただですね、単に安全専一、セーフティ・ファーストと言っても分からない人が多いわけでして……、そこで私は、従業員には安全専一という言葉を4つの「安」に置き換えて説明するようにしています。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月15日第2182号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ