【トップ&キーマンいんたびゅう】褒めて認め合う風土が現場力を高めます

2017.12.11 【安全スタッフ】

接客向上委員会&Peace 代表
石坂 秀己さん

 これからのマネジメントは、ネガティブな指摘や指示命令に重きを置いた形態から、働く人たちに合わせたものに変えていく必要がある――。東京ディズニーランドでの体験を基にした石坂さんの主張と呼びかけは、多くの人の共感を得ているという。そのエッセンスは、現場の人間同士が良いところを褒め合い、認め合う習慣にある。

――まずお伺いしたいのは、接客向上委員会&Peaceについてです。

石坂 この名称は屋号みたいなもので、パッと見て何をするかが分かるかと思い名付けました。法人化しているわけではありませんから会社という名称は使えず、こういう屋号のようなものにしたわけです。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年12月15日第2296号

あわせて読みたい

ページトップ