【自社ブランドのメンタルヘルスケア】第21回 自己保健義務を果たす/赤塚 由見子

2013.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 近年、多くの企業でメンタルヘルス対策が展開されるようになりました。それに伴い、企業の「安全配慮義務」という言葉もよく耳にするようになりました。安全配慮義務とは労働契約法第5条に記載されており、文字どおり使用者が労働者の生命、身体などの安全を確保しつつ労働ができるように必要な配慮をしてください、というものです。労働者の安全というと、ハードウエア(設備や機器など)の取り扱いや作業手順の管理などを思い浮かべる人も多いと思いますが、ソフトウエア(システムやマニュアル、働く人とその人間関係)に関しても配慮をしなくてはなりません。その一つが…

執筆:セントラルEAPコンサルティング 代表取締役 中央産業保健協会 理事 赤塚 由見子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年11月1日第2197号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ