【本当に役立つ!こころの耳】第16回 事例紹介12 社員の自殺をきっかけに予防策

2015.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

まずはメンタルヘルスの管理職教育から

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「自殺者の発生を契機に職場としてメンタルヘルス対策が進められた事例(事例8-1)」です。12月から改正労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」の実施が、労働者50人以上の事業場の事業者に義務付けられました。2015年12月1日から2016年11月30日までの間に、1回目を実施しなければいけません。

 しかしながら、中小企業では実施に二の足を踏んでいるところも多いかと思います。そこで、今回は、ストレスチェック制度の実施を念頭に、職場のメンタルヘルス対策に取り組むきっかけづくりとなるような事例をご紹介します。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月1日第2247号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ