【本当に役立つ!こころの耳】第39回 事例紹介35 死に場所を探して遁走

2016.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

同僚が止める間もなく車で会社を飛び出し

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「死に場所を探してさまよった会社役員の遁走の事例(事例1-31)」です。「解離性遁走(とんそう)」は神経症の一種で、ストレス負荷が過重になることで、ストレス源となっている場所や状態から逃げ出すことを選び、その間の記憶がなくなるという病気です。再度、ストレスがかかった場合、同様の症状が出現する可能性が高いといわれています。また自殺念慮を伴っている場合も多く、早めに治療を開始することが望まれます。

赤ちゃん言葉でしゃべりだし…

 45歳男性会社役員(工場長かつ専務)Aさんの事例です。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月1日第2271号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ