【裁判例が語る安全衛生最新事情】第260回 サントリーホールディングス事件① パワハラと休職申出阻害で使用者責任 東京地裁平成26年7月31日判決

2016.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Ⅰ 事件の概要

 被告Y1社は、平成21年4月にグループ再編のためサントリー株式会社を株式移転により設立された会社である。原告Xはサントリーに入社し、平成18年4月に購買予算と実績を管理する部門に配属されたが、上司にそのグループの長として被告Y2がいた。

 ① 誹謗中傷発言

 Y2は、Xの仕事ぶりが気に入らずに、種々の厳しい指導をすることがあり、その指導をXが厳しいものと感じることが多くなり、平成19年4月にはE病院を受診し、うつ病と診断され、今後約3カ月の自宅療養を要するとの診断書が出されたが、その診断書には、XはY2から、「新入社員以下だ。もう任せられない」などと叱責された旨が記載されていた。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ