【社労士が教える労災認定の境界線】第260回 棟上げ後の”餅まき”で他人と衝突して負傷

2018.01.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 S土木建設に十数年勤めているとび・土工作業員Gは、下請負契約により一般木造住宅(在来工法)新築工事現場で、棟上げ作業に従事後に行われた餅まき行事に参加した。両手を大きく拡げて、まかれた餅に手を伸ばして掴み取ろうとして、その場に集まっていた誰かに後方より強く衝突され、頸髄損傷を負った。餅は、工事関係者同士顔見知りであることもあり、必然的に集中した形でまかれたようであった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 青森会
タカヤ社会保険労務士事務所 所長 高谷 裕二郎
◇SRアップ21:www.srup21.or.jp

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月1日第2299号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ