【想いはせれば】第35回 「不注意」は認知症?

2016.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 自動車運転中の事故や高速道路逆走、駐車場での暴走事故など、高齢者の事故が目立ちますが、これらの事故を起こしたドライバーには軽度の認知症の人が多く含まれていたといいます。

 現在、65歳以上の高齢者が危険な機械を運転したり、危険な建設現場で働く機会が多くなっています。これまで高齢者の安全衛生上の問題は、加齢現象による感覚機能の低下や身体機能の低下が課題でしたが、近年は加齢現象に加えて認知障害が問題になってきています。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月1日第2259号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ