【裁判例が語る安全衛生最新事情】第252回 クレイン農協事件 パワハラ自殺で自己保健義務理由に減額 甲府地裁平成27年1月13日判決

2016.07.01 【安全スタッフ】

Ⅰ 事件の概要

 亡Aは、被告Y1農協に平成20年に入組して、M支店に勤務していた。原告X1は亡Aの父、原告X2は亡Aの母である。Y1農協は主に共済事業、信用事業、購買・販売などを行っている農業協同組合であり、被告Y2はM支店の支店長であった。

 亡Aは、業務の遂行の要領が悪く、Y1農協では、共済、貯金などの契約獲得の業務成績が悪く、亡Aに課されたノルマは他の職員の3分の1から4分の1程度であったが、それでもノルマの達成は芳しくなく、平成21年11月の時点ですでに毎月5万円を超える保険料または掛金の支払いを強いられ、平成22年度も2カ月で4%程度しかノルマが達成できない状況であった。

 Y2は、亡Aに対して次の①~⑤のような行為を行っていた。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年7月1日第2261号

あわせて読みたい

ページトップ