【社労士が教える労災認定の境界線】第252回 就労中の顔面打撲により脳出血に

2017.09.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 会社所属の大工Aが、新築工事現場で就業中、石につまずき転倒し、顔面を地面で打撲、「脳内出血」の傷病名で入院加療した。その後「脳出血」または「脳内出血後遺症」の傷病名で入通院、さらに「脳出血、くも膜下出血」の傷病名で加療した。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 高橋社会保険労務士事務所 所長 高橋 雅人

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月1日第2291号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ