【想いはせれば】第25回 猿が木から落ちるとき

2016.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年の干支は申(猿)です。生物学の分類によると、世界に現存するサルの種類は193種、それにヒトニザルと呼ばれる人間を加えると194種になります。猿のことわざ・格言では「猿も木から落ちる」がよく使われます。木登りが上手な猿でも、木から落ちることもあるという意から、その道の達人といわれている人でも、ときには失敗することがあるので注意せよというたとえです。

 猿はどれくらいの頻度で木から落ちているのか分かりませんが、人間の場合は、労働災害統計で死亡災害の1位は墜落・転落で全死亡災害の約25%(建設業では約40%)です。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年1月1日第2249号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ