【イラストで学ぶ身近なリスクと対策】第25回 階段はしごの危険使用の災害

2022.03.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 2022年で12年目に入りました。読者の皆様の応援のお陰です。今回のテーマは「階段はしご」です。

脚部が滑って背中と頭を強打

【災害1】階段はしごを壁面に掛けて、ダクトの保全作業中、はしごとともに墜落

〔作業の状況〕食品工場のダクト(管路)の断熱材の保全作業で、協力会杜の作業者は壁面に物品棚専用の階段はしご(step ladder)を掛け、踏桟上で作業。

〔災害発生〕作業者Aは、近くにあった階段はしごを壁面に立て掛けて、無防護で踏桟上で点検を行っているとき、はしごの脚部が水平に滑って、はしごとともに墜落し、背中と頭を…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年4月1日第2399号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。