【事故防止 人の問題を考える】第25回 現場の安全意識向上方策その1 作業者に法的順守義務と過失相殺を教える(前編)

2017.09.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ルールを守らないとペナルティが

 基本ルールを守らせるためには、そこで働く人たちの安全意識を向上させなければなりません。「安全意識を向上させるためにはどうすればよいか?」。多くの方からこのような相談を受けます。

 安全意識向上方策の一つとして、現場で働く人たちに、〝あなたたちには法的に守らなければならない義務があり、それを守らないと自らにペナルティが跳ね返ってくることがある〟と教えることが挙げられます。現場で働く人たちのなかに、このことを知っている人はあまりいません。それを知り、自らにペナルティが跳ね返ってくることが分かれば、基本ルールを守ろうとする人が増えることは間違いないと思います。

 今回は、作業者の法的順守義務とペナルティとしての過失相殺について解説します。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年10月1日第2291号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ