【ちょっと一息】第8回 昔びたりの日/中込 平一郎

2013.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 春の訪れは、入社・転勤・新学期の時季。そこかしこで引越し準備やら、家の模様替えが見られるようになりました。先日、無精者を自認する私も物置やロフトを整理しました。すると出るわ、出るわ、こんな物が残っていたのかとの驚きの連続です。そうこうするうちに教科書やノートの類までが出てきました。なぜ後生大事に取っていたのか自分でも分かりません。授業で相当苦労したから捨てるに忍びなかったのかもしれません。若かりしころの物を目にした途端、片付けはどこかにいってしまい、胸奥深く秘めたスイートメモリーの虜です。家人の「早くしないと日が暮れます」の声は正に鬼畜の響きとしか聞こえません。

 断腸の思いで…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年4月15日第2184号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ