【裁判例が語る安全衛生最新事情】第215回 医療法人雄心会事件② パワハラが急性うつ病自殺の契機に 札幌高裁平成25年11月21日判決

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 本件は前回(214回)の一審判決(札幌地裁平成24年8月29日判決)の控訴審である。原告X1、X2は被災者亡Aの両親であり、亡Aは、平成21年4月にY法人の経営する病院に臨床検査技師として入社して勤務した。その病院の臨床検査科には係長B、先輩の検査技師C、助手Dがいた。亡Aは、平成21年10月17日に帰宅後に遺書を残して自殺した。その病院の検査科で、亡Aは平成21年8月14日のお盆休み明けの頃から、超音波検査の研修を開始したが、研修内容はかなり難しく、B係長も自習を勧め、亡Aは業務の終了後頻繁に専門書を読み、B係長またはCからレクチャーを受けるなどして、自習を含めると残業が増加した。また、業務の負担も重く、亡Aは友人などから痩せたといわれるようになった。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ