【建設業の労働災害事例】第215回 仮置きした鋼製架台が転倒し、下敷きとなる

2015.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.木造平屋建て事務所兼詰め所の解体工事において、1次下請から監督員、2次下請から4名(被災者を含む)、3次下請から2名の合計7名で稼働していた。

2.発生当日は、朝礼を行った後、3名が重機(バックホウのアタッチメントをロータリーグラブに替えたもの)を運転し、被災者を含む3名は分別仕分け作業を担当し、建物北側の解体を行った。

 午後3時45分頃、解体した木屑の下から地震体験用振動架台(幅1.4m、長さ2.8m、厚さ25mm、重量約800kg)が出てきた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年4月15日第2232号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ