【社労士が教える労災認定の境界線】第215回 訪問看護師が利用者に金属バットで殴られる

2016.03.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 訪問看護師Aが、認知症の男性利用者にいきなり金属バットで頭部を殴られて負傷した。検査の結果、頭部と左肩の打撲で3週間の加療と労務不能と診断された。

 Aは、事業所の所長(管理者)としての立場にあり、通常は管理者としての業務のみに従事していた。この日は、在宅でリハビリの必要がある認知症男性の担当者をしている訪問看護師Bが風邪をひき休んでいたために、管理者でもあるAが代行訪問した際に起こった事故である。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 熊谷社会保険労務士事務所 所長 熊谷 祐子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月15日第2254号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ