【イラストで学ぶリスクアセスメント】第159回 ブランコ作業中の災害

2017.11.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ロープ高所作業は、(1)垂直にロープをつるしてブランコに座った状態で行う作業(以下、「ブランコ作業」という)と、(2)こう配が40度以上の斜面上方からロープをつるして行う作業(以下、「傾斜面作業」)に大別される。ともに作業者が「ひとりで垂直の壁面・急傾斜で行う」ものです。「ブランコ作業」は、市街地の中・低層ビルの窓拭き作業で使用され、墜落すると作業者が通行者に激突、また清掃用具などが落下し通行者に激突する危険性もあります。安全帯は「垂直面(壁面)用」を着用。「傾斜面作業」は、公道の法面などの傾斜面で、法面補強工事などで使用され、作業者1人だけが落ちての被災が多く、安全帯は「傾斜面用」を着用(図-1)。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ