【産業カウンセリングの現場から】第159回 人の行動を変えるストローク/井手之上 修

2018.06.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

心の栄養不足でトラブルに

 交流分析でいうストロークとは「ふれあい」「声かけ」など相手の存在を認める行為をいいます。ストロークは心の栄養といわれています。ですからストロークが不足すると、心が栄養不足になり人間関係のトラブルを招きます。

 一方、ストロークをうまく活用すれば人間関係を改善させるだけでなく、相手の行動を変えることも可能です。ストロークのなかで効果的なのが、傾聴やターゲット・ストロークといわれています。その事例を2つ紹介します。…

執筆:LPS研究所 主席研究員
交流分析士准教授 産業カウンセラー
キャリア・コンサルタント 井手之上 修

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月15日第2308号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ