【人事学望見】第1045回 ブラックのツケ2億4千万円 203日間無休で意識不明状態に!

2016.03.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

リスク考えた時間管理を

 労災保険による補償制度には、精神的損害(慰謝料)や逸失利益などが含まれておらず、これらを含めて実損害のすべての回復を図るには、労災民事訴訟を提起しなければならない。そのほかでは、企業独自の上乗せ補償も普及している。

死亡災害を上回る補償額

 「不法行為に基づく損害賠償請求では、被災労働者が使用者の故意・過失を立証しなければならなかったが、陸上自衛隊八戸車両整備工場事件(昭50・2・25最三小判)で労働契約に伴う債務不履行としての安全配慮義務が認められてから、裁判における立証責任が使用者側に転換されたため、非常に困難だった故意・過失の立証から解放され、以降はこれが主流となった」

 恒例の社内労働セミナーで講師の奥山人事課長が難しい説明を行った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月21日第3057号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ