【女性弁護士が考える女性にまつわる労務問題Q&A】第15回 育児中・介護中社員の転勤 実情把握と配慮必要 権利濫用で無効判決も/小寺 美帆

2016.10.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q 育児中、介護中の社員に対して転勤を命じられますか。また、転勤を命じる際の注意点を教えてください。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

代替手段の事前確認も

 育児中・介護中の社員であっても、勤務地を限定する合意をしておらず、就業規則等で転勤を命じることができるとされているのであれば、転勤を命じることは可能ですが、一定の配慮が必要となります。

 ◇育児中の女性社員に関する裁判例

 さて、育児中の女性社員の転勤について判断した判決があります(最高裁平成12年1月28日判決、労判774号7頁〈ケンウッド事件〉)。…

筆者:弁護士法人大江橋法律事務所 弁護士 小寺 美帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月24日第3085号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ