【ぶれい考】実に多様な労働判例/土田 道夫

2016.07.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私は、2014年から、ジュリスト(有斐閣)の「重要判例解説」誌上で「労働判例の動き」を執筆している。過去1年間の労働判例をチェックした上、重要な判例をピックアップして解説するという仕事であり、結構大変な仕事である。

 ところが、私が執筆を開始した2014年には、この仕事がさらに大変になった。2012年に「労働判例ジャーナル」誌(労働開発研究会)が創刊されたからである。従来は、「労働判例」誌(産労総合研究所)・「労働経済判例速報」誌(経団連事業サービス)を中心に、時々労働判例が載る「判例時報」誌・「判例タイムズ」誌等をチェックしていれば済んだのが、「労働判例ジャーナル」誌のおかげで、チェックすべき媒体が増えることになった。…

筆者:同志社大学法学部・法学研究科 教授 土田 道夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月4日第3071号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ