【ぶれい考】「学びほぐし」の必要性/根岸 茂文

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私自身のこれまでの取組みを振り返ると、過去に経験した手法に頼り、どうしても慣れ親しんだ仕事のやり方に頼ってしまう傾向がみられる。もちろん過去の経験も大切であるが、それだけでは、現下の変化が激しくかつスピードが求められる時代に対応ができなくなっているのではないだろうか。

 こうした状況を打破するために必要となる考え方に「アンラーニング」がある。…

筆者:埼玉県経営者協会 専務理事 根岸 茂文

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年8月12日第2932号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ