【ぶれい考】労働運動の“百里”めざし/石田 昭浩

2021.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「百里を行く者は九十を半ばとす」という中国の諺がある(自身では“九十九”と言い換えている)。「最後まで気を抜くな」「油断して詰めを誤るな」と自分を戒めるときに引用され、ご存知の方も多いと思う。小生が駆け出しのころは、早く結果を出すことを優先するあまり、慎重さを欠き、大きな失敗に冷や汗をにじませたことも幾度かあった。年月を重ねるごとにこの諺を思い出す機会が増え、「これで良いのか」と一旦考え次の一歩を踏み出すようにもなった。より高い水準まで…

筆者:連合 前副事務局長 石田 昭浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年10月18日第3325号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。