【ぶれい考】ベースは透明性と納得性/近藤 宣之

2016.03.14 【労働新聞】

 1958年にJ・アベグレンが日本的経営の三種の神器として指摘したのは、終身雇用、年功序列、企業別組合だった。背景には、年齢とともに能力が高まっていくという前提と、生活費の上昇に応じて給与を増額するという配慮があり、住宅手当、家族手当などが付随している。

 こうした制度は80年代のジャパンアズナンバーワン時代までは機能したが、90年代のバブル崩壊とグローバル経済の時代に入ると、成果主義の賃金制度が試行錯誤されるようになった。しかし、単純に前年度実績からの伸び率などで評価するようなデジタル的成果主義は勤労者の納得が得られず、かといってかつての年功序列賃金にも戻れず、労使双方で納得のいく制度が構築できずにいる。…

筆者:㈱日本レーザー 代表取締役 近藤 宣之

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年3月14日第3056号5面

あわせて読みたい

ページトップ