【ぶれい考】”おもてなし”の定義/古谷 治子

2014.02.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 オリンピックへの準備が、徐々に進行している。1月には森元首相を代表とする『2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会』が発表された。国民の期待も次第に盛り上がっていくだろう。外国からの来客も、2020年のオリンピック開催期間はもちろん、富士山の世界遺産登録も呼び水になり、開催前後も増加するのは間違いない。

 いよいよ、流行語にもなっている「おもてなし」の真意が問われる時である。

 しかし、先日こんな場面に出合わせた。…

筆者:㈱マネジメントサポート 代表取締役社長 古谷 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年2月24日第2958号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ