【産業カウンセリングの現場から】第94回 オフィスにも「おもてなし」

2015.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「配慮」と言い換えてみる

 「お・も・て・な・し」…2020年東京オリンピックの招致に向けたプレゼンテーションで美人キャスターが口にしたこの言葉は、ホテルやレストランをはじめとする接客業はもちろん、それ以外のビジネスの現場でも耳にするようになった。オフィスづくりの現場も例外ではない。

 オフィスで誰が誰をもてなすのか。商談で訪れるお客さまを企業がもてなすというのは納得できるが、企業が社員をもてなすのだといわれると多少違和感を覚える。しかしながら、もてなしを配慮と言い換えてみると、あれこれ想像できる。経営者が、効率とは違う視点でオフィスに関心を持つことで、潤いを持った環境に改善されるのではないかと期待が持てる。

 オフィスは、そこで働く人たちにとって第2の「住まい」である。…

執筆:公益財団法人労働科学研究所 協力研究員 野瀬 かおり

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月15日第2232号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ