【完全許可制時代の派遣実務と同一賃金法】派遣法⑬ 日雇派遣とグループ内派遣/岸田 鑑彦

2016.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

休憩・残業も管理徹底 8割規制は総労働時間で

申込みみなしの対象に

 労働者派遣の禁止業務については、従前から派遣法に規定があったが、平成24年改正において、日雇派遣の原則禁止、グループ企業内派遣の8割規制等が盛り込まれた。

 かかる禁止業務の範囲等については、27年改正後も取扱いに変更はないが、禁止業務に従事させた場合は、労働契約申込みみなし制度の適用対象となるため、今一度、禁止業務について整理、確認しておく必要がある。…

筆者:狩野・岡・向井法律事務所 弁護士 岸田 鑑彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月11日第3060号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ